【WordPress】カテゴリ別かつ投稿者別の最新記事一覧をサイドバーに置いてみた

ちょっとしたポータルサイト的代物をWordPressで構築する機会があり、その際にカテゴリー別かつ投稿者別の最新記事一覧という、非常に面妖なブツを作ったので、未来永劫あちこちで使い回せるよう、個人的なメモをここに書き残しておこうかと。

 

single.phpに置くやつ

上半分で投稿者IDを取得し、下半分でカテゴリーIDを取得してます。見ての通り、記事外でも使えるよう$globalでぶん投げてますね。

こいつは「single.php」内の「<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>」直下あたりに置いておくのが吉かと。

 

sidebar.phpに置くやつ

ぶん投げられた投稿者IDカテゴリーIDを受け取り、それを元に最新記事を取得します。「numberposts=5」は5記事取得するという意味なので、「5」を他の数字に変えてやることで、取得する記事の数を変更できます。

これはsidebar.phpにそのまま置いても動きますが、新しく「new-post.php」なんて名前のファイルをテーマフォルダにアップし、そこに隔離したほうが、スッキリと見やすいテーマになります。

 

ちなみに、別のファイルに隔離する場合、

この一文をsidebar.phpに挿入。

 

で、CSS

あとは適宜CSSで整形。上の例では、アイキャッチ画像と記事タイトルを横並びにしてますね。何の変哲もない、毒にも薬にもならないfloatです。

 

一応、完成図も

f:id:curemasuta:20170619194437p:plain

見た目からは分かりませんが、カテゴリー別かつ投稿者別の最新記事を5記事取得しています。と言いつつ、実験用のWordPressに3記事しか入れていないので、上の画像では3記事しか表示されていませんが。

 

あとはJSやらposition:stickyやらで追尾させるなり、floatやdisplay:inline-blockを使って2列や3列で表示させるなり、お好きなようにカスタマイズしてご利用ください。

所詮は素人が作ったものなので、もっと良い手段があるかもしれませんし、もしかしたら狙い通りに動いてくれない可能性も114514%くらいありますけど、多目に見ていただけたら嬉しいです。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!