読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街乗りロードバイクにフラットペダルを装着してみたぞ

自転車 自転車-改造

wp-1461593126283.jpeg

ここに一台のクロモリロードがある。名はSCHWINN LE TOUR LEGACY、デフォでクランク、ブレーキ以外は57の105を搭載しているにも関わらず、何故か定価11万円ちょっとっていう恐ろしくコスパの良いモデルだ。ちなみにおそらく2011年モデル。

ヤフオクを漁っていたら、たまたまこいつが即決4.8万円で売られているのを発見して、つい買ってしまった。そういうわけで、こいつを街乗り用ロードバイクとして、先月手放したGIANT CSの代替機として使おうと思っているんだけど、それにはいくつか障壁があったりなかったり。

まず第一に、ペダルが着いてこなかったこと。第二に、105なんか搭載してたら盗まれるんじゃないかってこと。その他にもまだまだ問題はあるけど、今回はまずペダルを装着してみようと思うよ。

 

MKSのアイシーライト 1,882円でした

wp-1461593131547.jpeg

ロードバイクにフラットペダルなんて邪道かもしれないけど、完全街乗り用にビンディングペダルなんていらないわけで。長距離走りたいならバラクーダでいいしね。

これはMKS、老舗の国産ペダルメーカー三ヶ島の安いフラットペダル。野口さん2枚でお釣りが返ってくるレベルだけどMADE IN JAPAN。一見普通のプラスチックペダルっぽく見えて、実はアルミ製である。反射板が無ければもう少し高級そうに見えるかもしれないなぁ。

wp-1461593128946.jpeg

装着してみるとこんな感じ。すっごい普通。遠目で見ると下手すりゃママチャリペダルに見える。近づいてみると光沢感でちゃんとしたペダルであることが分かるけど。

 

使用感

wp-1461595023743.jpeg

あー普通。バラクーダに付けてる片面SPDペダルのフラット面みたいにズルズル滑るわけでもなく、安物のプラスチックペダルみたいに雨の日にキュルキュル五月蝿いわけでもなく、非常に快適と言えば快適だけど、そこまで感動的なレベルでもなく。

まぁね、こんなもんでしょ。

 

反射板を外してみよう

wp-1461596110474.jpeg

上でも書いたように、反射板が無ければもう少し高級そうに見えるような気がしないでもないので、反射板を取り外してみた。反射板はマイナスドライバーを差し込んでやれば簡単に取り外せるので、画面の前の皆様も是非やってみよう。

wp-1461596114742.jpeg

反射板を外すとこんな感じ。ほんの少しだけスパルタンな感じになった気が…あんまりしないや。でも外す前よりも軽くなっていることだけは確実。グラム単位での軽量化ってやつだね。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!