読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事な大事な我が愛機CSを、納豆巻きフリークのN君にプレゼントした

自転車

wp-1458565102188.jpeg

戻ってきたバラクーダにホイールやらペダルやらサドルやらを献上してしまったことで、何かとかわいそうなことになってしまった我が愛機CS。ホイールやサドルが無ければ自転車としての役割を果たすことができない。

うーむどうしようかと考えたところ、よく考えたらまだ使っていないパーツが転がっているじゃないか!という結論に至り、そのパーツ達を適当に組み付けてみたところ、こんな感じに仕上がった。

 

今回の改装での変更点

wp-1458565099894.jpeg

まず見ての通りホイールが違う。これはバラクーダの純正ホイールなんだけど、実はあの鉛下駄ホイールとして名高いCSの純正ホイールよりも重い。もしかしたら前後合わせて3kgくらいあるかもしれない。

タイヤは去年11月まで履いてたツーキニストをもう一度履かせてみてる。既に4000kmくらい走っているので、もうあと1000kmくらい走ったら交換しなきゃならないんじゃないかな。

wp-1458565097750.jpeg

サドルもバラクーダの純正品。EVA素材のサドルに比べるとズルズル滑って落ち着かないけど、これが普通なんだろうね。重量は350gくらい。フレームがGIANTなのにFUJIのロゴが入ってるのはどうよって思わないでもない。

wp-1458565105630.jpeg

ペダルは200円くらいで拾ってきたプラスチックのやつ。CSにSPDペダルなんて似合わない。まさかの4アームクランク(アームが十字に交わってる。剛性感皆無)も相変わらず。

CS0001

すっごい地味だけど、ボトルケージボルトとコラムスペーサーも交換している。別に今までのものが錆びたとかそういうのじゃなく、この辺の小物もバラクーダに献上しちゃったのだ。

 

CSは青森に置いていきます

このブログでも二回くらい登場した納豆巻きフリークのN君。

経済的な理由とか、そもそも置くスペースがないとか、その他諸々の事情で車を持ちたくても持つことができない彼は、普段の移動には1.5万円のMTBルック車を使ってたんだけど、こないだついにリアサスが逝っちゃったのだ。

今の彼には移動の足がない。

これが東京や大阪のような都会ならまだしも、ここは車社会の地方都市、ついでに雪国である青森シティーだ。電車やバスのような公共交通機関に期待なんてできるわけがない。

そこで僕のCSに白羽の矢が立った。「お前そのチャリ売ってくれよ。言い値で買うからさ」「それじゃあ1.5万円でどうよ」「ATM行ったら千円札15枚で出てきた」ってな具合にね。

wp-1458566843489.jpeg

CSを車に積み込む。バラクーダなら助手席を動かさなくても余裕で入っちゃうんだけど、ホイールベースが長いCSではそう簡単にいかない。10分ほどの激闘の末、ようやく積めた…というか詰めた完成形が上の画像。

こうしてCSは僕の元を離れ、新たなオーナーと新たな物語を紡いでいくわけだね。

 

CS、今までありがとう

こうしてCSを手放した今、瞼を閉じるとCSとの思い出が走馬灯のように思い浮かんでくる。流石に泣きはしないけど。

僕がCSに出会ったのは4年前の夏。うちのフリーター野郎…もとい親愛なるお父様(当時45歳)が気に入って、市内の某自転車店で買ってきた。碓か4.4万円だった。GIANTの公式サイトでCSのページを見たら、定価3.9万円なんて書いてあって、こりゃぼられたな…なんて気付いた時にはもう遅い。

IMG_1963

それもESCAPEシリーズならまだ嬉しい。日陰者で不人気車種、重くて遅くて格好悪くて、マイナーチェンジやモデルチェンジも行われることのなくなったCROSSなんて…これなら改造ママチャリのほうがずっと速くて乗りやすくて楽しかった。

更にフレームサイズがこれっぽっちも合っていない。ステムを一番下まで下げ、60mmに交換してもまだ高くて遠いハンドル、適正な高さに合わせるとハンドルよりも低くなるサドル、長過ぎるホイールベース、全てが最悪だった。

これなら盗人に持っていかれても惜しくないや。そう思って荒く扱っていくたびに傷は増え、汚れはこびりつき、錆は増え、更に遅くて格好悪い自転車になっていった。

それでも毎日下駄代わりに、ボロ雑巾のようにこき使っていくたびに愛着が湧いていき、最後はドロハン化にリア8速化、OLDの合っていないロード用のホイールを無理やり履かせて、駅メモを起動したスマホを片手に県内を駆け回るようになり、そして限界が訪れた。

wp-1451823181274.jpeg

ありがとう、CS。たった4年の間だったけど、僕の生活を支えてくれてありがとう。一緒に走り回ってくれてありがとう。そこら辺のママチャリや、変なルック車なんかよりはずーっと輝いてたよ。

N君、これからのCSをよろしくね。

 

GIANT CROSS スペック表

最後にCSのスペック表というか、パーツ表というか、そういう感じのアレを書き記してみる。左から新品時、2016年2月時点の仕様、そしてN君用にデチューンされた仕様。

  新品時 2016年2月仕様 デチューン後
フレーム GIANT ALUXX-Grada aluminum OLD135mm GIANT ALUXX-Grada aluminum OLD135mm GIANT ALUXX-Grada aluminum OLD135mm
フォーク GIANT Cr-mo GIANT Cr-mo GIANT Cr-mo
サイズ 480mm 480mm 480mm
ホイール GIANT 36H SHIMANO WH-R501 Fuji custom anodized road wheel
タイヤ KENDA KWEST 700×35C Panaracer Gravelking 700×26C Panaracer Torkinist 700×28C
Schwalbe MarathonWinter 700×35C(降雪期)
クランク SR SUNTOUR 28/38/48 170mm SR SUNTOUR 28/38/48 170mm SR SUNTOUR 28/38/48 170mm
BB SR XCT 122-68mm SR XCT 122-68mm SR XCT 122-68mm
チェーン KMC Z72 KMC Z7 KMC Z7
FD SHIMANO TX51 SHIMANO ALTUS FD-M371 SHIMANO ALTUS FD-M371
RD SHIMANO ALTUS RD-M310 SHIMANO ALTUS RD-M310 SHIMANO ALTUS RD-M310
スプロケ SRAM PG730 7s 12-32T SRAM PG850 8s 12-32T SRAM PG850 8s 12-32T
サドル SELLE ITALIA Q-bik MCSELLE EVA レーサーサドル Fuji custom saddle
ブレーキレバー SHIMANO EF51 TEKTRO R100 TEKTRO R100
シフター SHIMANO SL-M310 SHIMANO SL-M310
ブレーキ TEKTRO 型番不明 SHIMANO BR-R353 SHIMANO BR-R353
ペダル Plastic SHIMANO PD-A530 Plastic
総重量 13.0kg 11.5kg/13.4kg(降雪期) 12.6kg

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!