読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化石ノートPCにChromium OSをインストールして艦これ専用PCにしてみた

IT

wp-1451143022778.jpeg

それにつけても今年の冬は暖かい。12月も下旬になるってのに昼間の気温は10℃近くまで上がるし、ストーブの出番が少ないから灯油代もかからない。雪だって降ったと思ったらすぐ溶けちゃう。お陰さまで人生初の雪のないクリスマスを経験させていただきました。暖冬万歳。

と思ったらクリスマスの翌日には暖冬が終わってしまった。これからは灯油もジャブジャブ使わなきゃいけないし、スパイクタイヤを履かせなければ自転車にも乗れない。そして何より朝は布団から出るのがつらい。艦これは布団から出なければプレイできない。(2015年12月現在)

そこで逆転の発想。そこらへんに転がってる化石ノートPCに、低スペックでもサクサク動くChromium OSを入れて、ベッドサイド用の艦これ専用PCを作ってみた。

 

今回犠牲になっていただいたPC

wp-1451177029511.jpeg

今回犠牲になっていただくPCはこいつ。半年前に亡くなった伯父さんの遺品の東芝DynaBook。おそらく2007年発売の物だと思われる。CPUはCeleron540(1.86Ghz)で、RAMは当時のセロリン機としては破格の2GB!たぶん増設してあるんじゃないかな?

OSはLubuntuなんてのを入れちゃったりなんかしてたけど、貰った当初はあの悪名高いWindows Vistaが入ってた。低スペノートに出たばっか(発売当時)の最新OS、それもVistaって…完全に地雷モデルじゃないですかーやだー!

 

用意するもの

  1. インストールするPC
  2. 4GB以上のフォーマットされたUSB
  3. Googleアカウント

Chromium OSもその他のLinuxとインストールの手順は基本的に同じなので、使うものもほとんど同じ。唯一他と違うところは、Googleアカウントを用意する必要があるってとこ。まぁね、今どきGoogleアカウントを持ってない人なんてそういるもんじゃないよね。

 

Chromium OSを入手する方法

Chromium OSはオープンソースなので、公式様が無料でソースコードを配布してるわけだけど…ねぇ。流石に自分でビルドするのは面倒じゃん?

というわけで今回は既にビルド済みのものを入手する。有名なとこだとChromium OS buildsなんかがあるけれど、自分的におすすめしたいのはこちら。

Chromium OS カスタムビルド配布ページにようこそ — Chromium OS Custom Biuild

なんとまさかの日本語サイト。中の人が日本人であるかどうかは不明だけど、わざわざ日本人向けに日本語サイト作る物好きな外国人なんてそういるもんじゃないから、たぶんきっと日本人だと思う。正直ビックリってレベルじゃないね。

見ていただけば分かると思うけど、インストールの手順はこちらのサイトにぜーんぶ載ってるので、本記事では割愛させていただくことにする。さっきも書いたけど、Chromium OSもubuntuやLinux Mintと手順は同じだからね。慣れてる人なら手順とか見なくてもインストールできるんじゃないかな。

そうだなぁ、一応おおまかな手順だけは書いておこう。下記の通りにインストールすると、元入ってたOSは消えてしまうので注意。

  1. イメージファイルを上記サイトから落とす
  2. USBにイメージファイルを焼く
  3. イメージファイルを焼いたUSBを挿してPC起動
  4. BIOS設定画面でドライブの起動順位を弄る
  5. 起動したらCtrl+Alt+Tでシェルを開く
  6. 「disclist」と入力して、パスワードを求められたら「password」と入力、これでインストールしたいドライブの名前を調べる
  7. 「install ○○(ドライブの名前)」と入力、またパスワードを求められるので「password」と入力
  8. Are you sure?に「y」と答えるとインストール開始
  9. インストールが完了したら無事に起動できることを祈ってシャットダウン
  10. USBを抜いて起動
  11. できあがり!

ね?同じでしょ?しかもインストール時には真っ黒い画面に白文字のシェルを開くことになるから、簡単手軽にステレオタイプのスーパーハカーの気分が味わえてしまう。

wp-1451143022778.jpeg

スタバでMacBook開いてドヤ顔なんてもう古い。時代は化石ノートにChromium OSをインストールしてドヤ顔だよ。もちろんスタバでね。

 

で、使用感

wp-1451134985172.jpeg

本来の目的だった艦これのプレイ自体はメインPC(2600K、RAM8GB、GTX660、Win10)と変わりなくできちゃう感じ。回収屋送り寸前のポンコツのクセにもたつく気配すら感じられない。Lubuntuでは結構いっぱいいっぱいな感じだったんだけどなぁ。

ただし起動は思ったより遅いかなぁ。なんと18秒も掛かった。ただしSSDを入れてないWindowsのように、起動したけどまだ使えない…なんて時間は0秒。起動したら速攻で使えるのは強い。

あと艦これをプレイする上で忘れちゃいけないのがFlash Playerのインストール。上記サイトのカスタムビルドの場合、インストールの手順は以下の通り。

  1. Ctrl+Alt+Tでシェルを開く
  2. 「installflash」と入力、パスワードを求められたら「password」と入力
  3. インストールが完了したら再起動
  4. できあがり!

簡単ってレベル超えてるよね。ただしOSのアップデート時には消えてしまうらしいので、その時はまた同じ方法でインストールすればいいと思う。たぶん。

 

まとめ

wp-1451182347154.jpeg

まだ半日くらいしか弄ってないけど、自分的にChromium OSは結構好きかもしれない。「ブラウジングしかできない産廃」とか「Googleに常に監視され続ける奴隷アイテム」なんて言う人もいいるけれど、前者に関しては全然そんなことないと思うよ。

Chromium OSがブラウジングしかできないゴミOSだと思う人は、とりあえずChromeウェブストアに行ってみるべきだと思う。大抵の物は揃ってるから。WindowsではOS上で動かしてたソフトが、Chrome上で動くアプリにそっくりそのまんま置き換わる。ただそれだけのことだよ。

あぁまぁ、後者に関しては否定しないけどさぁ。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!