読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【駅メモ】自転車で弘南鉄道を全駅制覇してきた

自転車 青森ネタ アニメ・ゲーム-駅メモ アニメ・ゲーム 自転車-走った記録

弘南鉄道

また駅メモやってきた。今回は弘南鉄道編だ。弘前周辺の未踏駅を徹底的に潰してきた。ついでに「ふらいんぐうぃっち」の聖地巡礼もしてきちゃった。

じゃあ書いていく。今回も4000文字以上は書くことになりそうだ。

 

今回の制覇計画について

津軽制覇計画

今回の目標は五能線を除いた津軽方面の駅の完全制覇。

青森の自宅から黒石を目指し、弘前を経由して大鰐方面へ。まずはこれで弘南鉄道を制覇。奥羽本線の大鰐以南は別のタイミングで制覇済みなので、大鰐を制覇した後は五能線を征服しながら五所川原を目指す。五所川原からは津軽鉄道に沿って十三湖まで北上し、後は蟹田経由で青森に帰る。

そして今回からはわざわざ駅まで行って駅名標を撮るっていう面倒な作業をやめることにする。ゲームの進行上必要ない作業をそぎ落として時間短縮、労力節約ってわけだね。

うん、抜けのない完璧すぎる計画だな。後は当日早起きできれば…

 

10月26日(月)

12:05 黒石駅からスタート

黒石駅

早起きできなかったね。今回も12時スタートだ。

おかしいなぁ。前の日に考えた計画だと7時前には黒石駅に到着してる予定だったのに、どうしてこうなったのか。全ては寂しがり屋なお布団さんのせいだ。お布団さんが「だめ…でていかないで…」なんて言うから、仕方無く二度寝してしまったのだ。

wpid-wp-1446200428268.jpeg

でも大丈夫だ。なんたって今回は駅名標あつめをしないからね。レーダーをフル活用して効率的に駅を制覇していくわけだから、最低でも弘南鉄道と五能線の五所川原以南くらいは制覇できるはずだ。

 

12:09 迷った

wpid-wp-1446203312433.jpeg

意気込んで黒石駅を出て4分、いきなり迷っちゃった。ここはどこなんだろう。どうしてこんなに田舎なんだろう。出鼻くじかれまくっちゃってるよ。

黒石駅って黒石シティーの中心駅なんじゃなかったの?どうして中心駅からたった4分走っただけでこんな田舎風景になっちゃうの?道荒れすぎだって。そんでもって細すぎだって。牧歌的すぎるんだって。

 

12:20 ローソンで昼飯

Googleマップの力ですんなりと知ってる道に出ることに成功した。21世紀の科学力は素晴らしい。スマホって便利。今更すぎるか。

wpid-wp-1446200434141.jpeg

そしてローソンで昼飯。なんたって今日は朝からなんにも食ってない。腹になんにも入ってない状態で青森から走ってきたから腹が減ってどうしようもない。

まぁね、黒石といえばつゆ焼きそばだ。せっかく黒石まで来たんだから食ってみたいなぁと思うのが人の性なわけだよ。でもさ、こうして平日の昼間っから遊び歩いてる人間がだよ、そうやってその土地土地の名物を食って歩けるだけの金を持ってると思ったら大間違いだよ。

何が言いたいかっていうと、ローソンの100円ドーナツって素晴らしい。たった108円で600キロカロリー以上摂取できちゃう。コスパよすぎ。

 

12:34 田舎館駅、田んぼアート駅にアクセス

田んぼアート駅

ローソンを出て県道268号線を弘前方面に進む。そして少し進んだところで左折…のつもりだったんだけど、まぁ華麗に左折地点を過ぎちゃってたね。

津軽線制覇の時はひたすらR280に沿って進んでいけばよかったわけだけど、今回はそうもいかないからなぁ。田舎だから目印になるような建物どころか信号すらないし。ブルベやってる人が使ってるようなGPSがあればいいんだけど、うちのボロCSにそんな近代的な装備は積んでないし。

それで軌道修正のために適当なところで曲がってみたら、まぁ見事に田んぼアート駅のすぐ目の前に出てしまった。うん、いい風景だ。あとはうちのCSがもう少し格好良い自転車だったら文句はないんだけどなぁ。ベースがコンフォートクロスだからしゃーないか。

 

12:38 目の前が砂利道に!

wpid-wp-1446200453997.jpeg

地図を確認したら線路に沿って進む農道的な道を発見したので、嬉々として進んでみた結果がこれだよ。迂回しよう。当初の予定のルートに戻ろう。

いやまぁ28Cなら走れないこともないんだけど、遠回りでも舗装路走ったほうが早いしねぇ。何より自転車へのダメージも少ないし。こういう道はシクロクロスだとか、今流行のグラベルロードに任せときゃいいんだよ。

 

12:50 津軽尾上駅にアクセス

津軽尾上駅

迂回に迂回を重ねた結果、平賀あたりまで弘南鉄道と並走する県道13号の旧道に辿り着くことに成功した。これでしばらくは安泰だ。

そして尾上のさとちょう前で津軽尾上駅にアクセス。

 

12:55 柏農高校前駅にアクセス、と同時に重大なミスに気付く

津軽尾上の一つ手前の尾上高校前駅の存在を完全に忘れてた。これはもう焦るしかない。どれくらい焦ったかっていうと、柏農高校前駅の写真とスクショを撮るのを忘れるくらい。

5分くらいどうしようか考えた末、尾上のさとちょうまで戻ることにした。なんたって電友が3人しかいないんだもん。レーダー使っても一駅先が限界なんだよなぁ。

 

13:07 尾上高校前駅にアクセス

尾上高校前駅

戻ってきちゃった。これで15分のタイムロスだ。秋の昼間の15分はかなり大きい。主に精神的ダメージが。これが6月とかなら「ほーん、で?」で済ませられるんだけどなぁ。

 

13:18 平賀駅にアクセス

平賀駅

平賀駅にアクセスした時点で弘南線の未踏駅は弘前と弘前東高前だけになった。

そういうわけだから、平賀から先は弘南線から離れて大鰐線とJR奥羽線の石川駅を目指すことにする。大鰐線、JR奥羽線は共に運良く石川駅以南は制覇済みなので、その先は少し時間に余裕が出てくることになる。うん、いいことだ。

 

13:27 県道13号バイパスに合流

wpid-wp-1446203082040.jpeg

バイパスに出た。正直こういうだだっ広くて綺麗な道は好きじゃない。青森市内だと環状線の戸山以東がこんな感じだけど、景色というか走行感が単調すぎて飽きるんだよね。道幅が広いからスピード感もないし。おまけに山が近いせいか雰囲気もなんだか陰気だし。夜は絶対幽霊とか出るよここ。

北海道のオロロンラインなんかも走ってみたいとは思うんだけど、きっと走り始めて5分で飽きて帰りたくなるんだろうなぁ。

 

13:43 JR石川駅にアクセス

JR

長かった(長く感じられた?)県道13号バイパスも終わって、ここからようやく津軽の中心都市、弘前シティーに突入だ。目標は2時半までに中央弘前駅。ちょっと余裕すぎるかな。

 

13:48 弘南鉄道石川駅、義塾高校前駅にアクセス

石川駅

JRの石川駅と弘南鉄道の石川駅って結構離れてるんだよね。不便だなぁとは思うけど、まぁ車社会だから関係ないか。青森市民からしたら弘南鉄道がある弘前が羨ましいんだけどなぁ。私鉄ってなんとなく都会っぽくていいよね。

 

14:00 津軽大沢駅、松木平駅にアクセス

津軽大沢駅

なんだか駅間距離が短くて慌ただしいなぁ。止まっては駅メモ開いて、止まっては駅メモ開いての繰り返しで疲れてきた。

そういえばうちの先祖はこのあたり出身だってバーチャンが言ってた。

 

14:12 小栗山駅、千年駅にアクセス

小栗山駅

あれーおかしいなぁ。中心部に向かって走ってるはずなのにどうして登ってるんだろうなー?もしかして道間違えたかなー?なんて思ってたら案の定ミスコースしてた。ついでに小栗山駅と千年駅にアクセス。

 

14:23 聖愛中高前駅にアクセス

聖愛中高前

ミスコースが発覚した地点からひたすら山を下って、ようやく街らしくなってきたなーってところで聖愛中高前駅にアクセス。聖愛中高ってことはアレか、中高一貫ってやつなのか。聖愛高校に中学校があったなんて今日初めて知った。

 

14:31 弘前学院大前駅にアクセス

弘前学院大前

駅名が長い。そして学校ばっかり。義塾高校とか聖愛中高とか、弘南線だと柏農高校とか尾上高校とか。でもそれってつまり、弘南鉄道が車の免許を持てない学生達の救世主として大活躍してる証なんじゃないかな。

 

14:34 弘高下駅、中央弘前駅にアクセス

弘高下

これで大鰐線は完全制覇。弘南線もあとは弘前駅でレーダー使えば完全制覇できるはずなので、とりあえず弘南鉄道は完全制覇したも同然ってことでいいんだよね?

この次は五能線か。R339で五所川原を目指すのか。面倒ってレベルじゃないな。

いいや、ここから先はまた別の日にしよう。今日はもう遊ぼう。観光しよう。そうだな、ふらいんぐうぃっちの聖地とか前から行ってみたかったんだよね。

関連記事

www.kh-dd.com

 

17:47 弘前駅から再スタート

弘前駅

「ふらいんぐうぃっち」の聖地巡礼を一通り終えたところで、改めて青森の自宅に向けて再スタートを切ることにする。

なんていうかその、これは弘前に来る度に思うんだけど、弘前っていい街だよね。駅前の街並みは近代的だし、武家屋敷やら洋館やらが沢山残ってるし、人の雰囲気もいかにも津軽って感じで落ち着くし。

隣の芝は青く見えるなんて言うけれど、でもやっぱり弘前はいい街だよ。

 

17:52 とりあえず飯だ飯

wpid-wp-1446204244503.jpeg

駅前のサンクスで夕飯を探す。とりあえず安くて高カロリーなシュークリームを手に取ってみるけど、昼間食った100円ドーナツの味がまだ口の中に残ってるせいか体が拒絶反応を起こす。でも自転車乗ってるんだから甘味は大事だ。

じゃあシュークリームとツナマヨおにぎり。これで決まりだ。食い合わせとかそういうのは無視。貧乏人に必要なのはこだわりよりも忍耐力だ。

それにしてもシュークリームってのは本当に食べづらい。クリームがこぼれて手袋に付く。どんどん手袋が甘い匂いになっていく。

 

18:21 撫牛子駅にアクセス

撫牛子駅

秋の夜は早い。夜の自転車は怖い。アスファルトのヒビが段差に見えるし、路肩の砂利の状況が掴みづらい。車の流れが遅い帰宅時間帯の市街地であれば、車道の真ん中に出て車の流れに付いて行くって戦法が使えるわけだけど、藤崎を過ぎるとその手も使えなくなってしまう。

おまけにスマホのバッテリーが切れかかっててどことなく心細い。モバイルバッテリーは持ってきてるけど、コードの接触が悪くて使い物にならない。あとはR7経由で青森に帰るだけだから、もう地図の出番はないわけだけど、それでも万が一を考えるとスマホは大事だ。

 

18:32 川部駅にアクセス

川部駅

撫牛子からは交通量の少ない県道に逃げる。ここから北常盤までは一本道だ。その後のことは考えない。

そして藤崎に入ったあたりから人家がまばらになってくる。昼間に走るといい道なんだけど、夜はただひたすら怖い。この通りって確か墓所もあったはずだよね。

 

18:38 北常盤駅にアクセス

北常盤

北常盤駅にアクセス。それと同時に奥羽本線の県内区間を完全制覇。これでもう今日はZL2を開く(スマホなのに開く?)必要がなくなった。さぁバッテリーよ!いつでも切れていいぞ!

そこからなんやかんやでR7に復帰。紆余曲折あったけど、弘前から青森までの夜間走行は結局R7が一番楽ってことでいいのかな。

 

19:25 現在の気温は4度だって

wpid-wp-1446204254552.jpeg

浪岡から先は空港旧道経由で青森まで帰るのが定石で王道だけど、あくまでもそれは昼間の話。夜はやっぱりR7経由に限るよ。空港旧道は夜でも交通量が多くて怖いからねぇ。

そういうわけで県道27号との分岐は直進。大釈迦方面に向かう。山が近いせいか空気が冷たくなってきた。道路脇の電光掲示板には4度って表示が出てる。寒い。

 

19:40 歌う

wpid-wp-1446204256949.jpeg

個人的に夜のR7旧道って好きなんだよね。交通量が少ないから道の真ん中を走っても怖くないし、ひたすら山だから大声で歌っても迷惑にならないし。だから歌う。北朝鮮の軍歌とか歌っちゃう。というか歌ってなきゃ怖い。

 

今回のまとめ

今回の総走行距離は136.7km。新駅制覇数は17駅。マスターオブ青森まであと82駅。まだまだ先は長い。でも残された時間は短い。山にはもうすぐ雪が積もってしまう。

来週はどこ走ろう。時期的なことを考えると、青い森鉄道の八戸以南とか、あるいは津軽鉄道あたりを再優先にするべきだよなぁ。

次あたりからはいよいよ輪行の出番かもしれない。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!