読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「2015 アスパム秋の食の祭典」が非常に美味しかった件

wpid-wp-1442924654511.jpeg

平壌の柳京ホテルを模してデザインされたという青森シティーのランドマーク「アスパム」で開催中の「秋の食の祭典」に行ってきた…というか、昔からお世話になってる藍川ニキに誘われたというか。

でねぇ、それがすごく楽しかったもとい美味しかったんだよねぇ。食の祭典ってだけあって、青森共和国全土からかっさらってきた美味しいものが集まってて。

 

倉石牛とカレーがなんたらかんたら

wpid-wp-1442923336614.jpeg

特に美味しかったのがこれ。青森共和国南東部の倉石の牛とカレーのなんたらかんたら。正式な名前は忘れた。カレーとブランド牛のコンボってロマンだよねっていう。

これの何が凄いって、スプーンで肉が切れちゃうんだよね。柔らかいってレベルじゃない。もはや豆腐だよ。それでお値段も控えめに600円っていう素晴らしさね。

 

イノシシ肉の串焼き

wpid-wp-1442923342561.jpeg

これは…どこ産だったかなぁ。脇野沢(共和国下北州の奥地)だったっけ。たぶんそこらへんのイノシシ肉なんだろうけど、まぁ焼き鳥と変わらないなぁ。

こないだ五戸で馬肉食ってきた時も思ってたけど、牛や豚や鶏がメジャーなのはきっと美味しいからなんだよね。反対にイノシシ肉、馬肉、熊肉なんかは美味しさで劣るからメジャーになれなかったわけであって、そんなに喜んで食うもんでもないなぁって思うんだけど。

でもイノシシ肉は普通に美味しいね。これ鶏肉ですよって言われたら信じちゃうと思う。

ちなみにお値段は一本で200円。高いなぁ。こういう祭りなんかで出る串系って基本的にコスパ悪いよね。そりゃ祭りでコスパの話なんて無粋だけどさぁ。どうしても貧乏人だからそういうとこ考えちゃうんだよなぁ。

 

長谷川自然牧場のカツ丼

wpid-wp-1442923345150.jpeg

共和国西海岸の鰺ヶ沢タウン産の豚を使ったカツ丼だそうで。これはあんまり美味しくなかった。いやカツそのものが美味しくないってわけじゃなくて、全体のバランスが気持ち悪かったというか。

最近売出し中の県産米「青天の霹靂」にカツをのっけて、適当にグリーンピースをバラバラと。ここまではいい。ここで終わっていればきっと美味しいカツ丼なんだろうけど、その上から和風のダシを掛けちゃってるのが良くない。ダシの主張があまりにも強すぎるし、なによりもカツがベチャベチャになっちゃってるのがよくない。

…っていうのは普段からカップ麺ばっか食ってる俺氏の感想であって、上流階級で生きてる藍川ニキは「うまいなぁうまいなぁ」って食ってるんだよね。いいなぁブルジョアは。

 

たまごプリン

wpid-wp-1442923347686.jpeg

デザートはたまごプリン。どこ産かは見てなかったけど、たぶんトキワ養鶏かどっかじゃないのかなぁ。

それにしてもこれはどっかで食ったことのある味だ。このたまごプリンそのものを食うのは始めてだけど、似たような味のプリンを食った覚えがある。

そうだ、富良野の牛乳プリンだ。同じようにこんな感じの瓶に入ってて、ドロっとした感じで、似たような卵っぽい味がするんだよ。

 

食後は男二人で海を見る

wpid-wp-1442923350390.jpeg

アスパムの裏はすぐ青森港。藍川ニキが「海を見たい」なんて言うので、男二人で海を眺める時間ってことで。

藍川ニキ曰く「海を見ると心が落ち着く…明後日には現実に引き戻される…」とのこと。上流階級は上流階級で悩みがあるらしい。対するこっちは毎日が日曜日!ってわけでもないけど、実は金曜日はお休みだったりして。

ちなみに「2015 アスパム秋の食の祭典」は明日までやってるそう。藍川ニキは期間中に2回も行ったらしいね。リア充の行動力って凄い。

……非常にどうでもいいんだけど、藍川ニキが昔の彼女のことをいちいち「近しかった人」って言ってるのが面白かった。(こなみ)

それからこれもどうでもいいんだけど、津軽では「非常に美味しかった」を「たげめした」って言うんだよね。

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!