読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go!プリンセスプリキュア マスコットを雪上で開封&レビューしてみた

001

画面の前でこれを読んでいる皆様ならきっとお馴染みであろうデフォルメフィギュア、食玩プリキュアマスコットが今年も出たので、さっそく購入してみた。

で、購入したからにはレビューしなきゃって妙な使命感に駆られたんだけど、まぁ普通にレビューするだけじゃ面白くない。そういうわけで、少し奇を衒って屋外でレビューしてみることにした。

 

毎回評判の良い箱絵

002

心なしかいつもより手が込んでいる気がしないでもない今回の箱絵。文字色とか、ナンバーのマークとか。

ちなみにアソートはフローラ、マーメイド、トゥインクル、妖精×2で3:3:3:1。都会の人は妖精×2を求めて近所のコンビニやスーパーなんかを駆け回ってるのかなぁ。あるいは密林あたりで事前に注文して、あったかい自宅でぬくぬくと開封してるかな。

 

咲き誇る花のプリンセス!

003

おかしい。実物はもっと賢そうな顔してるんだけど、写真だとどうしてもアホっぽい顔になっちゃうんだよなぁ。

004

後ろから。髪のボリュームが面白いことになってる。得体の知れない黄色い海藻か何かにしか見えない。グラデーションが省略されてるのは残念だけど、250円(税抜)の食玩にそこまで求めるのは酷だよね。

 

澄みわたる海のプリンセス!

005

続いてみなみさん。付属のチェーンがガッタガタで使い物にならなかったので、財布に付けていた前作のフォーチュンからチェーンを拝借して撮影した。

こうして立体化されたものを360度全方位から舐め回してようやく気が付いたんだけど、マーメイドのデザインって言葉に表せないレベルで秀逸だよね。

006

やっぱり髪のボリュームが面白い。髪単体でなんかの生き物にしか見えない。

009

師弟。

 

きらめくほs…

010

きっと画面の前でこれを読んでいる人は「次はトゥインクルだな!きららちゃんはよ!」なんて思っていたはず。どうして妖精を先に回したかって?そりゃもちろんトゥインクル初変身回を後回しにした本編をリスペクトしたからなんだよなぁ。

011

ベッタリ密着するタヌキとオウムの図。2匹セットだからてっきりチェーンが二本付いてくるんだと思ってたんだけどそんなことはなかった。

 

ここでちょっとどうでもいい話

「うーん、なんか曇ってきたっぽいぞ。急いできららちゃんも撮影しなきゃ…」なんて考えていたら、ずーっと遠くで遊んでいた幼女様二人組がこちらに興味を示した様子。まったく最近の幼女様ときたら。雪の積もった公園の隅でプリキュアを撮影して喜んでるような怪しい男に近付いたら何されるか分からないんだよ!

で、頭によぎる「通報」の二文字。もちろん逃げたよ。不審者だけど幼女様が怖いから逃げたよ。

そうこうしているうちにまた日が照ってきたので撮影再開。

 

きらめく星のプリンセス!

007

出たなあざとビッチ!お前なんか…お前なんか!ここをこうして、こうやって、こんなんにしてやるんだからな!

「無様ね。外で撮影している分際で通報が怖いなんて喚いちゃって。世間体を気にする前に病院へ帰りなさい

やめてそんな目でこっちを見ないでぇぇぇぇええええぇぇえぇえぇ…

008

後ろから。何故かプリンセスサニーが思い浮かんだんだけどどうしてだろう。

 

保存用、実用用、予備用の計3つの購入をおすすめしたい

012

↑雪を被せてみたらキラキラ感が増した。

このシリーズって何故かとっても耐久性が高いのだ。1年半くらい財布にぶら下げてるまこぴーなんてまだ新品並に綺麗だったりする。とにかく実用性が高いのだ。だから、だからこそ保存用、あるいは観賞用と、財布やスマホにぶら下げる実用用、そして予備用の計3つを購入しておくべきなのだ。

なんて書くつもりだったんだけど、今回は例年に比べて比較的造形が細かいせいかちょっと耐久性が低そうなんだよなぁ。今回は完全観賞用ってことで、財布の番人は引き続きまこぴーといおなちゃんに任せよう。二人ともまだまだ頑張ってもらうからね!

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!