読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2016年版】初心者向け!後悔しないクロスバイクの選び方

自転車

7YevqhjqRDdg_5h1445149148_1445149450

最近自分の周りでクロスバイクに乗る人が増えた。ようやく最果て僻地の青森シティーにも自転車ブームがやってきたらしい。うん、素晴らしいことだ。青森県民が短命呼ばわりされなくなる日も近いかもしれない。

そういうわけで、今回は初心者さん向けに、後悔しないクロスバイクの選び方なんてものを書いてみようと思う。

 

高いものなら何買っても後悔はないと思う

正直なところ、ある程度の価格以上のものであればどんな自転車を買っても後悔はしないだろうし、幸せになれると思う。だから見た目が気に入ったものを買えばいいんじゃないかな。

なんて書いてしまうとこの記事の存在意義を完全否定してしまうことになってしまう。これは大変だ。

 

あえてポイントを5つ挙げてみる

とはいえ、自転車の知識が薄い初心者さんに「見た目で選んじゃっていいと思うよ」なんて言っても困っちゃうと思う。だから無理やり頭を回転させて考えてみた結果、以下の5つのポイントが思い浮かんだ。

 

サイズは合っているか

たとえフルカーボンフレームにDi2で武装した最新の超高級ロードバイクであっても、自分の体にフィットしたサイズのものでないと乗ることが辛く感じてしまうかもしれない。

まぁね、普通は自転車屋に行けば「あなたはこのくらいのサイズがいいですよー」なんて教えてくれるもんだけど、そうじゃない店も意外とあったりするので注意すること。

サイズの合ってない売れ残りの不人気モデルを適当に持ってきて「これいいですよー」なんて薦めてきた挙句、定価の1割増しで売りつけてきたり…店によってはこんなこともあるからねぇ。

はい、僕の経験です。

 

車重は軽いか

とにかく軽い自転車は速い。軽さは正義だ。軽ければ軽いほど加速も速度維持も楽だし、特に上り坂では軽さを恩恵を受けやすい。

軽い自転車こそが正しい自転車ってわけでもないけれど、スポーツ目的で買う人なら何よりも軽さを重視するべきだと思う。足代わりに使うなら耐久性とか快適装備のことも頭に入れるべきだけどね。

 

ギアの枚数は使用用途に合っているか

ギアの枚数は多ければ多いほど良いってわけじゃない。健康な成人男性だったら2×8の16段変速、あるいは2×9の18段変速がジャスティス!その理由は以下の2つ。

  1. フロントトリプルは重いし複雑だし舗装路ではオーバースペックすぎる。見た目も悪い。かといってシングルはギアの範囲が狭すぎる。
  2. リア8段変速、9段変速はチェーンの耐久性が高い。パーツの入手性は年々悪くなっていくけれど、9段ならたぶんあと15年は戦える。8段もたぶん10年は大丈夫。

もちろんギア比とかも考えるべき要素の一つではあるけれどねぇ。脚力の弱いジジババならフロントトリプルでもいいんじゃないかな。ババがクロスバイクに乗るかどうかは別として。

あと車重12kg以上の重量級の車種もフロントトリプルがおすすめ。重量級にフロントダブルじゃ山の登りがキツすぎる。

逆に街乗りならフロントシングルでいいんじゃないかな。38T~42Tくらいなら低速から40kmくらいまでカバーできると思うよ。

 

ブレーキはSHIMANO製か

完成車におけるブレーキっていうのは目立たない分コストダウンされやすいパーツの代表格だと思う。ディレーラーやシフターはSHIMANO製なのに、ブレーキだけはTEKTROだったり。許せないね。

まぁね、ブレーキなんて交換しようと思えばいくらでも交換できるんだけどね。

ただその、クロスバイクでよく使われるVブレーキは安物でも効きがいいから、TEKTROだろうが何だろうが効かなくて困るってことは無いと思う。それでも耐久性とか調整のしやすさ、調整の狂いづらさはやっぱりSHIMANO製が一番だよなぁ。

 

予算に余裕はあるか

よく「3万円くらいでおすすめのクロスバイクってない?」って聞いてくる人がいるんだけど、予算不足でクロスバイクを買っちゃうと、不具合を直せなかったり、装備品を揃えられなかったりして、不便で惨めな自転車生活を送ることになっちゃうと思うなぁ。乗り物系の趣味って金掛かるからねぇ。

どれくらいの諭吉さんを用意するべきかってのは人によると思うけど、最低でも自転車本体の価格にプラスして2万円は必要じゃないかな。前後のライト、カギ、スタンドは別途で用意する必要があるからねぇ。ペダルはたぶん自転車屋が付けてくれると思う。

じゃあ予算が足りない貧乏人に救いはないのかっていうと、ママチャリの高速化改造っていう道があったりする。実はママチャリの改造も案外楽しみが多いので、気になる人は「狸サイクル」で検索すると捗るんじゃないかな。

実は過去にこんな記事も書いてる。これも参考にすると捗るはず。

 

【2016年版】おすすめクロスバイク集

上で長々と書いた5つのポイントを踏まえた上で、2016年モデルのおすすめクロスバイクを紹介していってみる。上から安い順に紹介していくので、ブルジョワな人は頑張ってスクロールするといいよ。

 

あさひ プレシジョンスポーツ

100000016731-l4

ネット価格 42,980円(税込)
重量 12.0kg
3×8段変速

いわゆるプレスポってやつ。お馴染みの自転車量販店(青森県民的には全く馴染みがない)サイクルベースあさひが送るオリジナルクロスバイク。国内ブランドだから為替の変動にあんまり左右されず、相変わらず2016年モデルも安い。チャイナ?いえ、知らない子ですね。

もちろん5万円以上するクロスバイクと比べてしまうと若干…いやぁ結構見劣りするけど、それはそれで使いようがあるよね。会社や学校の駐輪場に屋根が無い場合とか、自宅でも室内保管ができない場合とか。安いしそんなに格好良くないからどんなにみすぼらしくなっても惜しくないよーみたいな。

 

GIOS MISTRAL

mistral_gb

定価 54,000円(税抜)
重量 11.0kg
3×8段変速

5万円台のクロスバイクの定番モデル。同価格帯の「GIANT ESCAPE R3」とはよく比較されるけど、個人的にはこちらをおすすめしていきたい。

なんたってデフォのホイールが「SHIMANO R501」だし、ブレーキだって最初っから信頼と安心のSHIMANO製だもんなぁ。これ普通は有り得ないことだよ。普通はどこのメーカーもブレーキとホイールはケチってゴミみたいなの付けるもん。GIOSの良心には涙が出てくるね。

じゃあその分フレームがコストダウンされてるんじゃないかって考えちゃうけど、たぶんそうなんだろうな。

 

GIANT ESCAPE R3

00000060_029

定価 55,000円(税抜)
重量 10.2kg
3×8段変速

定番中の定番、ESCAPEシリーズの最廉価モデル。おそらく日本で一番売れてるモデルなんじゃないかな。GIANTはコスパ良いもんなぁ。その分他人と被る確率も高いけどねぇ。

R3だけに限らずESCAPEシリーズはロードバイク寄りの設計なので、ドロップハンドルに改造したりするのも楽しいと思う。ESCAPEは乗ってる人が多いだけに改造して個性出してナンボって感じあるよね。

知り合いの15年モデルに乗せてもらったことがあるんだけど、まぁ良い自転車だったね。よく進むしよく登る。うちのCSだって同じGIANTのクロスバイクのはずなんだけどねぇ、圧倒的にESCAPEのほうがいいや。

 

TREK 7.2FX

Asset_338236

定価 65,000円(税込)
重量 非公開(おそらく12.0kg)
3×8段変速

乗ってる人が多そうで意外と少ないFXシリーズの最廉価モデル。速さよりも実用性を重視した作りが特徴。荷台やら泥除けやらを取り付けるためのダボ穴が開いてたり、ちょっと太めの35Cのタイヤを履いてたりする。

青森みたいな荒れた道が多い地方都市だと35Cって重宝するんだよね。別に23Cでも乗れないことはないんだけど、グレーチングとか怖いじゃん。それに35Cって空気圧管理もわりと適当で大丈夫だしねぇ。

単純にスポーツ目的で乗りたい人にはおすすめしない。逆に下駄代わりで適当に扱うつもりの人には是非おすすめしたい。似たような物でスペシャライズドのシラスってのもあるけど、あっちは泥除け用のダボ穴が無いんだよなー。

 

ARAYA Federal

91725782

価格 66,960円
重量 12.9㎏
3×8段変速

クロスバイクじゃないけど安いわりに作りが良いから紹介してみる。

見ての通り懐古趣味のツーリング自転車である。ランドナーとも言うかな。デフォで泥除けが付いてるし、荷台用のダボ穴も開けてある。しかも今どき手元変速じゃなくてWレバーだから、わざわざダウンチューブのレバーに手を伸ばして変速しなきゃいけないんだよね。

ちなみにARAYAってのは元々リムメーカーであるわけで、このFederalの純正ホイールのリムもARAYA製の650Aのやつだったりする。ちなみに650Aのリムはママチャリ用の26インチとも互換性がある…というか普通のスポーツバイク用のタイヤは履けないんだよね。

つまり何が言いたいかっていうと、実用性は相当高いよってこと。キャンプツーリングに使うもよし、実用車として使うのも似合う。純粋なスポーツ目的にはちょっと…っていう自転車。それがこのFederal。

 

FUJI PALEETE

1

定価 68,000円(税抜)
重量 9.8㎏
3×8段変速

個人的にFUJIの自転車って好きなんだよね。奇抜な見た目のせいで不真面目なブランドに思われがちだけど、実際乗ってみるとなかなか走ってくれる。今はもう廃盤になっちゃったけど、バラクーダなんかはまさに隠れた名車って言葉がピッタリだと思う。あのCAADシリーズにも少ししか引けを取らないもん。

で、そんなFUJIのクロスバイク。普通のクロスバイクより少し細めの25Cタイヤを履いてて、地味に車重も10㎏切ってる。きっと軽快に走ってくれること間違いなし。

もしいま自分がクロスバイクを買うとすれば、間違いなくこのPALEETEを買うと思う。それで手持ちのR501を履かせる。タイヤはグラベルキングとかがいいんじゃないかな。

 

ESCAPE RX3/AIR

ESCAPE

定価 69,000円(RX3/税抜)/70,000円(AIR/税抜)
重量 10.3kg(RX3)/9.6kg(AIR)
3×9段変速(RX3)/2×9段変速(AIR)

上で紹介したR3よりもちょっと高級なESCAPE。RX3とAIRの二機種がほぼ同価格で用意されている。RX3とAIRの違いは…正直なところ自分みたいな素人には違いなんてほとんど分からない。これこそ見た目で選んじゃっていいんじゃないかな。

しいて言えば発進から15kmくらいまでの低速域での取り回しの良さはAIRに軍配が上がると思う。30km以下で加減速を繰り返すような乗り方ならAIRのほうが楽だよ。

これが30kmを超えるとRX3のほうが楽しい。スパーン!と加速していくあの感覚はロードバイクっぽかったと思う。今は亡きうちのバラクーダもそんな感じだったもん。

あくまでも街中でちょこちょこっと乗っただけの感想だけどね。2年以上前のことだから記憶も曖昧になっちゃってるかもしれないし。

 

SPECIALIZED SIRRUS DISC

SIRRUS

定価 79,000円(税込)
重量 非公開
3×8段変速

ディスクブレーキ搭載クロスバイクとしては最安値の部類に入ると思う。知り合いが乗ってるキャノンデールのMTBは5.9万円でディスクブレーキだけど。更に某ドッペルの粗悪品だったら3.5万円でディスクブレーキ搭載車が買えたと思うけど。

ディスクブレーキは雨に強い。Vもキャリパーもちゃんと調整してさえいれば十分に効くんだけど、雨の日の下りなんかだと安心感が全然違うんだよね。

ディスクブレーキを搭載してるってこと以外には、基本的には上で紹介したTREKの7.2FXと似たようなもので、太めのタイヤを履いてたりキャリア用ダボ穴が開いてたりする。アメリカブランドはどこもこんな感じだよね。

 

GIOS AMPIO

09_ampio

定価 89,800円(税抜)
重量 8.9㎏
2×8段変速

いわゆるフラットバーロードってやつ。ドロハン化すればロードバイクとしても使えるようなフレームに、クロスバイクより更に細い25Cのタイヤを履いて、もちろんロードコンポを載っけて…ってやつ。自分では乗ったことないけど、聞いた話だと結構よく走るらしいよ。

クロモリフレームだけど安易に懐古趣味に走らないところに好感が持てる。ジオスブルーも綺麗だしね。エンゾ早川?そういう悪評は気にしちゃいけない。自分がいいと思った自転車に乗るのが一番格好良いと思うよ。

 

Cannondale CAAD8 FLATBAR2

2_grn

定価 99,000円(税抜)
重量 非公開(9kg台中盤くらい?)
2×8段変速

アルミに定評のあるCannondaleからは、定番のバッドボーイじゃなくてフラットバーのCAAD8をおすすめしてみる。おそらくフラットバー車の中では最速の部類に入るよこれ。

正確にはクロスバイクじゃなくてフラットバーロードなんだけどね。これをドロップハンドル化すればロードバイクになっちゃう。単純にスポーツ目的で乗りたい…でもドロップハンドルは怖いって人にはいいんじゃないかな。ちょっと勿体無い気もするけど。

でもこの価格帯だと盗難が怖いよね。田舎で乗るぶんにはまったく問題ないけど。

 

あとがき

ここまで長々と偉そうにクロスバイクの選び方なんかを書いてきちゃったけど、「じゃあお前はどんなクロスバイク乗ってんだよ」と問われると、2015年10月現在はこんなのに乗ってたりする。

wpid-wp-1445674852100.jpeg

GIANT CROSS。2chに専用スレがあった頃は「CS」なんて呼ばれてた。上でも紹介したESCAPEシリーズは、元々このCROSSシリーズの派生車種として始まったものだったりする。画面の前でこれを読んでいるそこのあなた、「ダッサwwwwwwwwww」とか言わない。

正直買って大失敗したなぁと思ってる。なんたってサイズが合ってない。ハンドルを限界まで下げてもハンドルのほうが高くなっちゃう。おまけにホイールベースも長い。ステムを60mmにしてもまだハンドルが遠い。フレームが重すぎる。下手したら3㎏くらいあるんじゃないかな。

じゃあ何故買い換えないか。それは貧乏だから。青森市の平均所得の低さを舐めちゃいけない。他の記事でも言ってるけど、田舎=物価安いなんて思うなよ!

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!