読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台近郊区間で大回り乗車しようとして失敗した

f:id:curemasuta:20170122182345j:image

タイトルで「失敗した」とは言ってみたものの、大回り乗車という行為そのものには成功しています。ルートは大幅に短縮せざるを得ないことになってしまいましたが。

当初の予定では、仙台駅から仙石線or仙石東北ラインで石巻へ向かい、石巻駅から石巻線、陸羽東線を経由して新庄へ。新庄からは山形線を南下して終点の福島へ。福島からは東北本線を北上し、大回り乗車のルールに反さぬよう仙台駅の1駅手前の長町駅で下車というルートを辿る予定でした。

続きを読む

ヒッチハイカーがヒッチハイクもせず大阪の街で食い倒れてみた

f:id:curemasuta:20170118072817j:plain

秋の京都の朝です。昨晩泊まったネカフェにはシャワーが設置されていたので、今日は清潔な体で1日を始めることができました。おはようございます。

 

さて、昨日は1日京都を観光したので、今日は再びヒッチハイクで鹿児島を目指すのかと思いきや、またまた今日も観光します。

続きを読む

ヒッチハイクで京都に辿り着いたので、秋の京都を満喫しようと頑張ってみた

f:id:curemasuta:20170113204208j:image

前日の朝にヒッチハイクの聖地と呼ばれる東名高速東京インター、いわゆる用賀マック前をスタートした僕は、目的地の名古屋を大幅に通り越し、京都が目前に迫る滋賀県の草津市に辿り着いたのでした。

続きを読む

東京からヒッチハイクで滋賀県の草津シティーまで行った【日本縦断ヒッチハイク 2日目】

自他共に求める根暗、そして陰キャである情報系学生(18歳)の僕が、約1週間+αの秋休みを使い、仙台と鹿児島の間を図々しくもヒッチハイクで往復した記録。その移動2日目の様子をお送りします。

続きを読む

仙台からヒッチハイクで東京の友人宅まで行った【日本縦断ヒッチハイク 1日目】

ああ、記事タイトルを誇張しちゃいましたね。

正確に言うと、今回は仙台から鹿児島までヒッチハイクで往復しました。夏休みの仙台→青森のヒッチハイク帰省と合わせて、これで日本縦断ですよ。どや。

 

え?北海道や沖縄は日本じゃないのかって?

まあねー、そうよねー。北海道の宗谷岬から与那国島の西崎まで行かなきゃ日本縦断とは言えないかもねー……。あーどうしよ、また批判だけを生きがいにしてるような可哀想な人に「記事タイトル詐欺だ」なんて言われちゃうよー。えーんえーん。

 

とはいえです、考えてみてくださいよ。日本列島は北から南までだいたい3,500kmです。対して仙台から鹿児島までの距離は約1,700km、往復すれば3,400kmです。これに仙台→青森の350kmを足せば、僕は日本を縦断する以上の距離をヒッチハイクで移動したことになるんです!フゥーハハハ!

続きを読む

「湾岸5DX」における僕の愛車達の使用感を語ってみる

数あるアケゲーの中でも特にプレイヤーの質が悪く、台パンや筐体破壊はもちろんのこと、時にはリアルファイトさえ厭わない殺気立った皆様御用達のレースゲーム「湾岸マキシ」シリーズにおける、僕の愛車を紹介してみようかと思う。

続きを読む

アパート暮らしが禁断の壁面収納を設置してしまった

wp-1479295455560.jpg

なんて言うと、まるでアパートの壁に穴でも開けてしまったかのように聞こえてしまうかもしれないけれど、実際は穴なんてどこにも開けていないし、壁を傷付けてさえいない。

では、如何にしてアパートに壁面収納を設置したのかというと、コーナンやらデイツーやらダイシンなんかで売っている「ディアウォール」「2by4材」を使ったのだ。どや。

続きを読む

深夜のノリで47都道府県を29道府県と4特別市に再編してみた

f:id:curemasuta:20161211121111p:plain

もはや今更感どころか忘却の彼方へと忘れ去られてしまっていたことだけれど、1年以上前に書いた都道府県記事の総仕上げってことで、再編された29道府県4特別市を一枚の画像にまとめてみた。

続きを読む

PPAPは「面白い」「つまらない」の評価軸で語るものじゃないでしょ

f:id:curemasuta:20161211121113p:plain

たまにはこういった流行り物にも言及してみようと思ったり思わなかったり。

「海外じゃ大人気らしいけど、正直何が面白いか理解できない。つまらない。不快。気持ち悪い。外国人の感性はおかしい」と巷で酷評を受けていることでお馴染みのPPAP。

続きを読む

東京の某有名大学の聴講生を経験したら学歴コンプが悪化した件

f:id:curemasuta:20161211121015j:plain

18歳の情報系専門学校生である僕は学歴コンプレックスを持っていた。

高校3年生の進路選択の際に、地元の4年生大学に実家から通うか、地元から300km離れた大都市の専門学校の2年コースに通うか、そのどちらかの選択を迫られ、僕は後者を選択した。

続きを読む

(C) 2013-2017 これは放熱ダクトですから!